day1.6: ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/Jの気になる動作

大まかな設定はできたので、細かい部分を設定していく。ざっと見て残したプレインストールアプリ(富士通アドバイザーとか)について機能を確認する。更新できるものは更新する。

ここまで見てきて、改善できなかった動作が2つ。
(1)画面がちらつく。
(2)再起動すると無線LANを見失う。

前者が特に問題で、ググった限りどの個体でも発生するらしい。対策としては「自動輝度調整を無効にする」「電源の詳細設定で[ディスプレイの明るさ]と[ディスプレイ暗転時の明るさ]を同じにする」「画面を明るくするか、暗くする」「本体が温まるのを待つ」という方法があるようだが、どれも決定的な対策には至らない。これ、設計ミスなんじゃないの? あまりひどいようならサポートに問い合わせることにする。

後者は、無線LANにつながらない間は何もできないので地味に困る。自宅の無線LANはステルスSSIDなので、ネットワークの一覧には表示されない。手動で再設定しようとすると「~という名前のネットワークは既に存在しています」といって怒られる。怒られるが一覧には表示されるようになるので、そこに接続する。だがこんな手順はやってられない。

2~3分(?)待てば繋がるようになるが、5分以上待ってもつながらないことがある。理由がよく分からない。「ネットワークが名前(SSID)をブロードキャストしていない場合でも接続する」は有効にしている。まぁ、再起動はほとんどしないという設計思想なのかもしれないので、そのような使い方をしよう。Windows Updateのときが憂鬱だが、何とかなるだろう。

※2/11追記:BIOSアップデート1.08が出ていた。

■ 5.改版履歴(修正項目)
 (1.08)
   ・バックライトがちらつく問題を修正しました。

入れてしばらく使ってみたところ、完全には解消されていないものの、かなりちらつきが緩和されているように感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です