day7.1: TouchToKeyの機能仕様

TouchToKeyの機能仕様は次のとおりだ。

  • 起動したらタスクトレイに常駐する。
  • タスクトレイのメニューから終了する。
  • 対応する操作はタップとスワイプの2種類。
  • スワイプは方向によって送るキーを変えられる。
  • 操作が反応するソフトと領域を設定で指定する。

とりあえずVisual C#で”Windowsフォームアプリケーション”のソリューションを作る。名前はもちろんTouchToKey。するとフォームが1つのアプリができた。ビルドして実行するとフォームが表示される。うん、お手軽。楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です