day7: タッチ操作でキーを送るソフトの開発を始める

先週末ダウンロードしていたisoイメージからVisual Studio Express 2012をインストールすることにした。

え、Microsoftアカウントがいるの?!

先週の葛藤は何だったのか。あっさり主義を覆してMicrosoftアカウントを作ることにした。Microsoftアカウントを作成、Visual Studioのセキュリティアップデートの合間にWindowsストアからGoogleサーチとMicrosoftソリティアコレクションをダウンロードして遊ぶ。楽しい。

さぁ、開発開始だ。ソフトウェア名はタッチしてキーを送るのでTouchToKeyにした。いちおうググってバッティングするソフトがないことは確認済み(というかあればわざわざ作らないで済む)。使う言語は…今どきソフトを作るならこれだろう、という感じでC#にする。入門サイトをざっと見て言語仕様を確認。

C# によるプログラミング入門

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です