day7.3: グローバルフックを実装する

先週ソフトを作ろうと思ってから、グローバルフックについてはググってやりかたは調べてありました。参考になったのは覚書/C♯/グローバルフックで、たぶんライブラリ化している人がいるだろうと思って探したところ、KeyboardMouseHooks C# Libraryを発見。

使い方はこれだけ。

RamGecTools.MouseHook mouseHook = new RamGecTools.MouseHook();
mouseHook.MouseMove += new RamGecTools.MouseHook.MouseHookCallback(mouseHook_MouseMove);
mouseHook.Install();

ソースもきれい。ライセンスはMITライセンス。コピーライトとライセンスを書いておけば後は自由に使ってよい、という使い勝手の良いライセンス。ありがたく使わせていただきます。

とりあえず、MouseHook.csをプロジェクトに追加、マウスクリックの座標をデバッグ出力するコールバック関数に仕込んで実行。おお、ちゃんと動いている。

目的のソフトはできそうだという実感を得つつ、体力の限界により寝落ち。

day7.3: グローバルフックを実装する” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です